日本国際映画著作権協会-JAPAN AND INTERNATIONAL MOTION PICTURE COPYRIGHT ASSOCIATION,INC.-

news&press ニュース&プレス

アンドレ・モーガン プロデューサー等 映画製作者を招き、『MPA/DHU/TIFFCOM フィルムワークショップ セミナー&ピッチング・コンテスト』を開催 2018年10月25日

10月25日
TIFFCOM期間中の10月25日にモーション・ピクチャー・アソシエーション(以下、MPA)、デジタルハリウッド大学(以下、DHU)、TIFFCOMは、若手映画製作者の海外展開へのプラットフォームの構築を目的として「MPA/DHU/TIFFCOMフィルムワークショップ セミナー&ピッチング・コンテスト」を開催いたしました。

jimca1

第1部は、映画プロデューサー アンドレ・モーガン氏をマスタークラス ゲストとして招き 映画製作に関わる講演会とScreen International Asia Editorのリズ・シャックルトン様とのトークショーを行いました。
第2部として「ピッチ・コンテスト」を実施しました。多数の応募から選ばれた5企画のピッチングで、いずれも若手映画製作者の長編企画で、それぞれ5分のピッチング時間が与えられました。発表者には時間内で企画の特徴や内容について発表をして頂き、その後、審査員からの質問に答え頂きました。
審査員はモーガン氏の他、デジタルハリウッド大学 学長の杉山知之氏、映画監督の新城毅彦氏、プロデューサーの井関惺氏、ベニス・プロダクション・ブリッジのパスカル・ディオ氏に努めて頂きました。
最優秀作品賞 / Special レコグニション Prizeには、企画名「地球が滅亡するその前に~家族炎上~」 湯浅典子監督が選ばれ、MOTION PICTURE ASSOCIATION(MPA)が開催するFILM IMMERSION COURSE IN L.A.「ハリウッドへの研修旅行 5日間」が贈られました。
jimca2
また、企画名「にじいろのうぶごえ」 齊藤栄美監督には、プレジデント特別賞 / MPA Grand Prizeが選ばれました。齊藤監督は、毎年11~12月にオーストラリアで行なわれるAsia Pacific Screen Awardsのピッチング大会への出場機会が与えられました。