日本国際映画著作権協会-JAPAN AND INTERNATIONAL MOTION PICTURE COPYRIGHT ASSOCIATION,INC.-

news&press ニュース&プレス

『ニコニコ生放送』などで違法配信を繰り返していた男を逮捕 (熊本県警察本部サイバー犯罪対策課) 2018年9月07日

8月28日、熊本県警察本部サイバー犯罪対策課は、ライブストリーミング型の動画共有サービスを使って権利者に無断で映画を配信していた男性を著作権法違反容疑で逮捕しました。本人は容疑を認めています。
この男性は、『ちゃま』などと名乗り、『ニコニコ生放送』などを使用し米国映画協会(MPAA)に加盟する大手映画会社の作品を含む多数の映画ファイルの違法配信を行っていました。

 当協会では複数回にわたって配信停止の措置を行いましたが、男性は繰り返し違法な生放送を行っていました。違法配信を中止する意思が見受けられず、非常に悪質であるため、熊本県警察本部サイバー犯罪対策課に相談、取り締まりを要請するとともに鑑定など捜査協力をおこない、今回の逮捕となりました。

今回の件に関して株式会社ドワンゴ 取締役 栗田穣崇様から以下のコメントを頂きました。
「このたびの摘発は非常に有意義なものであると認識しております。ライブストリーミング配信サイトを悪用して違法に映画等のコンテンツを配信する行為は、著作権法違反であり決して許されるものではありません。これまで権利者やコンテンツホルダーの方々と協議を行いながら、著作権法違反は断固として許さないというポリシーのもと、権利保護の取り組みを行ってきた弊社としましては、弊社のサービス利用者が逮捕に至ったことは非常に残念です。今後も弊社は著作権法違反に適切に対処していくとともに、このような逮捕者が発生しないよう、著作権に関する啓発・啓蒙活動についても取り組んで参ります。」