日本国際映画著作権協会-JAPAN AND INTERNATIONAL MOTION PICTURE COPYRIGHT ASSOCIATION,INC.-

news&press ニュース&プレス

公開セミナー「グローバル化する知的財産権侵害とその対策」のお知らせ 2018年4月09日

2018年4月25日(水)18時30分より、一般社団法人 日本知財学会 コンテンツ・マネジメント分科会 主催 第45回CMSC研究会 公開セミナー「グローバル化する知的財産権侵害とその対策」が東京理科大学 理窓会会議室にて開催されます。
参加費は無料、事前登録制です。参加を希望される方は、日本知財学会コンテンツ・マネジメント分科会 第45回研究会Webサイトよりお申し込みください。

http://www.ipaj.org/bunkakai/content_management/event/45nd_kenkyukai_20180425.html

【日 時】 平成30年(2018年)4月25日(水)18時30分より

【会 場】 東京理科大学 理窓会会議室 「PORTA神楽坂」7階 ※3/30訂正
http://most.tus.ac.jp/newmot/summary/ ※地図16番の建物です
※各線飯田橋駅B3番出口より徒歩1~3分

【参加費】 無料

【言 語】 英語、日本語 ※逐次通訳つき

【対 象】 日本知財学会会員、一般の方

【講演1】 「英国PIPCUとMPAの先進的な取り組み」
オリバー・ウォルシュ氏

モーション・ピクチャー・アソシエーション・インターナショナル(MPA‐I)
アジア太平洋ハブ、オンライン・オペレーション リージョンナル・ディレクター

Mr. OLIVER J. WALSH

Regional Director, Online Operations, Asia-Pacific Hub,
The Motion Picture Association International

警察官として、英国ロンドン市警察に11年間勤務。2014年より英国警察知的財産犯罪ユニット(PIPCU)に在籍し、その創設や現在に続くその成功の一翼を担った。英国詐欺情報局(NFIB) に所属し、「オペレーション・クリエーティブ」を率いるなど、知的財産犯罪の専門家としての経験を積んだ。

違法コンテンツへの対応策としてウェブサイトの収入減にダメージを与えることはもちろんのこと、この事業をきっかけに、コンテンツ保護団体や広告主、決済サービスプロバイダーの結束を強めることにも成功した。

様々な国際的なオペレーションだけでなく、「オペレーション・イン・アワー・サイト」や「英国公共安全作業部会」などといった公開討論会の英国代表としても積極的に活動し、英国の政府政策が「インターネット・コーポレーション・フォー・アサインド・ネームズ・アンド・ナンバーズ」に向けて進むようサポートしてきた。

その他、英国キール大学にて国際関係論についての学位を有するほか、オープン・ソース・インテリジェンス捜査においても資格を持っている。

【講演2】 「日本における侵害サイトへの広告出稿抑止の取組」
墳﨑 隆之 氏

T&K法律事務所 弁護士
http://tandkpartners.com/

一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)事務局長
http://www.coda-cj.jp/

2003年早稲田大学法学部卒業。2009年~2012年に経済産業省模倣品対策・通商室にて勤務。2013年、University of London, Queen MaryにてLL.M.取得。2015年から一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)事務局長。 模倣品・海賊版対策をはじめとする紛争処理分野、ライセンス契約関係などの予防法務分野を中心に、商標権・著作権・不正競争防止法の分野を得意分野とする。

【スケジュール】

18:00 開場
18:30~19:40 講演1(逐次通訳つき)
19:40~20:00 講演2
20:00~20:30 質疑